【ぶれい考】伝えたい「ぶれない思い」/山本 和代

2017.05.22 【労働新聞】

 イヤホンガイドがあれば、知識がなくても楽しめるとの情報を頼りに、思い切って歌舞伎座に行ってみた。魅せられた。3階席の端にいても、よく響く美しい声、セリフの言い回し、手の先まで美しい所作、お囃子、語り、掛け声までもが一体となった舞台。庶民に愛され、引き継がれてきた「ぶれないもの」を…

筆者:連合 副事務局長 山本 和代

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年5月22日第3113号5面

あわせて読みたい

ページトップ