【ぶれい考】現代の”三方よし”/根岸 茂文

2013.12.09 【労働新聞】

 食材の虚偽表示が全国の著名なホテルや百貨店に拡大し、日本が世界に誇る「おもてなし」への信頼が揺らいでいる。高価な食材を安価なもので代替し、虚偽発覚後も責任回避的会見をした企業もあった。一部は景品表示法が禁じる「優良誤認」に当たる可能性もあり、消費者庁などが調査する事態に発展している。

 今回は、この食材の虚偽表示問題を題材にして、企業の社会的責任、いわゆる「CSR」について考えてみたい。…

筆者:埼玉県経営者協会 専務理事 根岸 茂文

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年12月9日第2948号5面

あわせて読みたい

ページトップ