【ぶれい考】両立女性の働き方参考に/古谷 治子

2014.12.22 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 早くも最終回である。振り返ると、年初1月のテーマは「女性が育つ組織風土に」であった。テーマのとおり、私自身今年は、女性のための研修に特に力を注いできた。その甲斐もあって、じわじわと女性活性化に関する研修の需要が増え、日本社会の女性の活躍に対する期待は、確実に高まっていると実感している。

 実際、ほとんどの企業においては、まだまだ様子見だった前半から、後半になって、女性管理職、女性リーダー研修を本格的に導入する企業が増えてきた。…

筆者:㈱マネジメントサポート 代表取締役社長 古谷 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月22日第2998号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ