【ぶれい考】「共生社会を創る愛の基金」/古賀 伸明

2013.05.20 【労働新聞】

 昨年、郵便不正事件で逮捕、勾留され裁判で無罪を勝ち取った厚生労働省の村木厚子さんが、国家賠償金3333万円を原資に「共生社会を創る愛の基金」を創立した。障がいのある人にとっての適正な刑事司法プロセスを保障し、社会復帰を進める仕組みを確立するための研究・提言や広報・啓発活動を進めるのが目的である。私も、運営委員の一人である。…

筆者:連合会長 古賀 伸明

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年5月20日第2921号5面

あわせて読みたい

ページトップ