【建設労務安全衛生…こんな時どうしますか?】63 労働時間の上限規制について教えて

2022.01.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 最近、同業の建設会社の集まりで今までの建設業における36協定が変わって、一般の会社と同列に扱われるようになると聞きました。なんとなく漠然とした動きは感じていましたが、このようになった背景と今後の取組みをどのようにしていけば良いのか教えて頂きたいと思います。

2+360運動が始まっています

 平成31年4月1日、改正労働基準法が施行されました。従来、36協定で定めた時間まで時間外労働可能とされてきましたが、厚生労働大臣告示で、原則、月45時間かつ年360時間を時間外労働の上限としていました。ただしこの上限は建設業は適用除外となっていました。改正により建設業においても特段の臨時的なことでない限り、月45時間、年360時間までの時間外労働しかできないことになりました(令和6年4月1日~)。

 この背景として、実労働時間、建設業2056時間、製造業1951時間、全産業1720時間と建設業が突出して多いのと、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年1月15日第2394号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ


ご利用いただけません。