【事故防止 人の問題を考える】第116回 エイジフレンドリーな職場をつくる(11)

2021.10.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

電動丸ノコの予期せぬ動きで被災

 前回に引き続き、さまざまな切創災害について防止対策をみていきます。

◎切創災害防止対策

① 電動丸ノコ
 電動丸ノコ作業の切創災害防止対策の基本は、ノコ刃に手を近づけないことです。切断する材料が小さく、手が近づいてしまう場合は、電動丸ノコは使用してはいけません。

 電動丸ノコ作業の労働災害の原因は、「①丸ノコが突然予期せぬ方向に動く・暴れる」「②材料が跳ね上がる」「③回転刃に誤って手を触れる」、おおむねこの3つがあげられます。このため、以下のとおり、作業の基本に従い、正しく作業を行うことが求められます。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年10月15日第2388号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。