【事故防止 人の問題を考える】第115回 エイジフレンドリーな職場をつくる(10)

2021.09.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

休業1カ月超える切創災害も

 働く高齢者に多い労働災害として、これまで転倒災害、腰痛災害を取り上げましたが、今回は切創災害です。

 切創災害は、機械、電動工具、カッターナイフ、包丁などの手工具を使用する時や、金属製品を手で取り扱っている時、誤って手指などを切るものなどが挙げられます。さまざまな業種で発生しています。カッターナイフなどは軽作業と捉えられがちですが、休業1カ月を超える重篤な災害も少なくありません。

60代と30代で年千人率に大きな差

・60代以上と30代の切創災害データの比較

 高齢者の特徴をみるため、60代以上と30代の労働災害を比較します。まず、休業4日以上死傷災害年千人率(労働者1000人あたり同死傷者数)を比べ、次に、切創災害の発生状況を比べます。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年10月1日第2387号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。