【事故防止 人の問題を考える】第113回 エイジフレンドリーな職場をつくる(8)

2021.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

筋力の低下で腰痛になりやすくなる

 高齢者に多い職場の労働災害として、転倒災害の次は腰痛災害をとりあげます。高齢者は、筋力の低下により重量物を持ち上げる時の負担が大きく、また、柔軟性の低下により無理な体勢をとりやすく、腰痛になりやすくなります。

 本稿では、腰痛災害の実態、腰痛の原因などを紹介し、どうすれば腰痛を防ぐことができるのか解説します。

・腰痛とは

 腰痛は、ぎっくり腰、椎間板ヘルニアなどがあり、腰の痛みだけに留まらず、臀部から大腿後面・外側面、膝関節を越え、下腿の内側・外側から足背部・足底部にわたり、痛み、しびれが広がるものもあります。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年9月1日第2385号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ