【事故防止 人の問題を考える】第119回 エイジフレンドリーな職場をつくる(14)

2021.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

大手製造業の取組事例に学ぶ

 今回は、エイジフレンドリーな職場づくりを実践している大手企業の取組み事例を紹介します。

◎企業の取組事例

 企業における高齢者の安全確保の取組事例として、トヨタ自動車、JFEスチール西日本製鉄所の取組みを紹介します1)。これらの事例は高齢者だけではなく、若い世代も対象としています。

1) 中央労働災害防止協会「高年齢労働者が安全・健康に働ける職場づくり エイジフレンドリーガイドライン活用の方法」

<事例1:トヨタ自動車>

 トヨタ自動車では、高齢になってもいきいきと元気に働くには、体力の維持・向上、心身の健康の増進が大切とし、そのためには、若年・壮年期からの意識変革が重要ととらえています。具体的な取組みとして、従業員の体力の維持・向上のための「いきいき健康プログラム」、休業につながる心身の疾患を予防する「健康チャレンジ8」などを推進しています。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年12月1日第2391号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。