【本当に役立つ!こころの耳】第150回 リラクセーションYOGA 目が疲れているとき

2021.07.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 このコーナーでは、厚生労働省委託事業「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」に掲載されている約700のコンテンツの中から、総務人事担当者が知っておきたい情報から企業現場で使える事例まで、毎回1つずつご紹介していきます。

顔まわりの筋肉ほぐして血流刺激

 「こころの耳」では、「ポジティブ・シェアリング」の一環として、新たに「こころを整える リラクセーションYOGA」を今年3月に追加しました。「からだを使って、こころを整える」という考え方のもと、自宅でもオフィスでも、どなたでも気軽に取り組んでいただける簡単なリラクセーション方法を紹介しています。

 目が疲れている人は、目の周辺の筋肉が硬くなって血行が悪くなり、その影響で頭部全体の血流が悪くなっていることが多くあります。

 このプログラムでは、最初に「①押し上げのポーズ」で肩まわりを、その次に「②顔ヨガ」で顔まわりの筋肉をほぐしながら、血流を刺激します。最後の「③波音呼吸」では脳を鎮めながら頭の中の緊張をほぐし、目に関連する血行を促進させて疲れをリセットするといった流れです。…

執筆:(一社)日本産業カウンセラー協会
こころの耳ポータルサイト運営事務局 事務局長 石見 忠士

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年7月15日第2382号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ