【ドキュメント!メタボ指導―腹山課長の半年間ー】第19回 記録は大事…の巻

2011.03.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 3回目の電話支援を終えてから①自宅ではお酒を飲まない、②飲み会の日は一駅歩いて帰る、という行動計画を取組み始めました。今回は飲み会や接待の時でも上手にセーブしながら無理なく続けています。プログラムスタート時の体重は73kg、中間評価時は69.8kg、年末年始でリバウンドして73kg、しかしまた減り始めて現在は70.5kgです。一度増え始めると諦めてしまい、それ以上に暴飲暴食をしてしまう傾向のあった腹山課長ですが、飲み過ぎたら諦めずにリセットする!を心掛け、通勤時にバスの区間を歩くことも習慣になってきました。今日の腹山課長、これまで付けてきた記録を振り返り、傾向と対策を考えています。

腹山課長:よし、また落ちてきたぞ。60kg台まであともう少しか。今日の体重を記録して…と。栄養士さんが言っていたように、記録をきちんと取るようになってから体重を前より気にするようになってきたなぁ。

解説:腹山課長はその日一日の食事と運動の評価(◎:とても良かった、○:まあまあ良かった△:あまり良くなかった、×:とても悪かった)を手帳に書くようになりました。全部の食事内容を書くのが理想ですが、…

執筆:㈱マベリックトランスナショナル 管理栄養士 小澤 絵美

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年3月1日第2133号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ