【ドキュメント!メタボ指導―腹山課長の半年間ー】第18回 宴会を乗り切るコツの巻

2011.02.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 特定保健指導がスタートしてから5カ月が過ぎ、年末年始でリバウンドしてしまった腹山課長。前回の3回目の電話支援を終えてから①自宅でお酒を飲まない、②飲み会の日は一駅歩いて帰る、という行動計画を取組み始めました。現在は71.5kgと再び体重が落ち始めました。今回はがんばりすぎない、食べ過ぎ、飲み過ぎ、と感じたら、ほかの日に歩く量を増やしたり、食べる量をセーブするなど、佐藤管理栄養士からアドバイスされた点を心掛けています。今日は○○商事の接待でしたが、今回はどんどん注がれる恐れのあるビールは初めの一杯だけで終えて焼酎をゆっくりペースで水割りを2杯、という少ない量でコントロールできたようです。

田中係長:課長、今日は酒の量、かなりセーブしてましたね。酔ってない課長を見るのは久しぶりですよ。

腹山課長:確かに…。ここ最近、接待や飲み会が多くなっていくにつれて、減量のことなんて一切考えなくなっていたと思います。

田中係長:年末あたりからかなり酔うまでお互い飲んでいましたよね。今日は課長に影響されて飲む量をセーブしたのでなんだか物足りないですよ。課長はどうですか?…

執筆:㈱マベリックトランスナショナル 管理栄養士 小澤 絵美

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年2月15日第2132号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ