【令和3年 安全衛生行政の展望】規則改正の円滑な施行へ/成毛 節

2021.01.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

厚生労働省安全衛生部 環境改善室長 成毛 節 氏

 旧年中は、職場環境の改善に向けた行政の推進にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 私どもでは、昨年、特定化学物質障害予防規則ならびに粉じん障害予防規則の改正を行いました。

 改正特定化学物質障害予防規則では、特定化学物質管理第2類物質として「塩基性酸化マンガン」と「溶接ヒューム」を加えました。このうち「溶接ヒューム」については、換気の実施、溶接ヒューム濃度の測定、測定結果を踏まえた有効な呼吸用保護具の使用等が定められたところです。

 一方、「粉じん障害予防規則」では、…

執筆:厚生労働省安全衛生部 環境改善室長 成毛 節

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年1月15日第2370号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ