【令和3年 安全衛生行政の展望】高齢化見据え治療と両立を/髙倉 俊二

2021.01.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

厚生労働省安全衛生部 労働衛生課長 髙倉 俊二 氏

 はじめに、皆様におかれましては、職場や職務の実態に即した新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組んでいただいていることに改めて御礼を申し上げます。引き続き、「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」の活用等により、感染拡大防止対策への取組みを継続いただきますよう、お願いいたします。

 労働者の健康を取り巻く状況については、職業性疾病が依然として後を絶たず、また、仕事や職業生活に関する強い不安、悩みまたはストレスを感じる労働者の割合も半数を超える状況が続いています。このような状況の中、過労死等を防止するために、今後も、長時間労働による健康障害の防止対策およびメンタルヘルス対策の一層の推進に向けて、周知・啓発や支援を着実に進めてまいります。

 また、労働人口の高齢化を背景として、…

執筆:厚生労働省安全衛生部 労働衛生課長 髙倉 俊二

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年1月15日第2370号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ