【令和3年 安全衛生行政の展望】休業災害5%以上減へ尽力/丹羽 啓達

2021.01.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

厚生労働省安全衛生部 建設安全対策室長 丹羽 啓達 氏

 建設業の労働災害は、皆様のご尽力により長期的には大きく減少しており、令和2年10月末時点で、前年同期に比べ死亡者数は、減少しています。

 一方で、休業4日以上の死傷者数は、5.5%の増加となりました。本年度は、第13次防労働災害防止計画の3年度目ですが、厚生労働省では建設業を重点業種として位置づけ、5年間で死亡災害を15%以上、休業4日以上の死傷者数を5%以上減少させるという目標の達成に向けて取組みを進めています。

 建設業における労働災害を事故の型別に見ると、…

執筆:厚生労働省安全衛生部 建設安全対策室長 丹羽 啓達

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年1月15日第2370号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ