【令和3年 安全衛生行政の展望】転倒、三次産業に焦点/安達 栄

2021.01.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

厚生労働省安全衛生部 安全課長 安達 栄 氏

 あけましておめでとうございます。日頃より労働災害の減少に向けた行政施策の推進にご理解、ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。

 本年4月には、第13次労働災害止計画の4年度目を迎えます。本計画期間において、労働災害による死亡者数は継続して減少しているものの、休業4日以上の死傷者数は減少の兆しが見られておりません。特に近年は、高年齢労働者の労働災害、転倒による労働災害、第三次産業の労働災害が増加しており、こうした労働災害発生状況を踏まえた対策が求められております。…

執筆:厚生労働省安全衛生部 安全課長 安達 栄

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年1月15日第2370号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ