『社労士会』の労働関連ニュース

2019.06.13 【労働新聞】
既卒者対象の面接会を開催 埼玉労働局

埼玉労働局(木塚欽也局長)は埼玉県経営者協会や埼玉県社会保険労務士会などと共催で、既卒者を対象とした就職面接会を開催した(写真)。  同県内の企業76社が参加し、既卒者と面接を行った。参加企業は抽選で選ばれており、応募は定員の倍以上あったという。同労働局職業安定課は「若手を自社で育てたいという思いが強いのでは」と話している。  面接会の開……[続きを読む]

2019.04.11 【労働新聞】
協会けんぽと連携協定締結 福島県社労士会

 福島県社会保険労務士会(宍戸宏行会長)はこのほど、全国健康保険協会福島支部(協会けんぽ、齋藤博典支部長)と健康保険事業の推進に向けた包括連携協定を締結し、協定に基づく共同宣言を行った(写真)。  協定では医療費の適正化や健康診断の受診促進、特定保健指導の実施率向上、事業者健診のデータ取得促進などに連携・協力して取り組むとしている。具体的……[続きを読む]

2019.04.01 【労働新聞】
同一労働セミナー 手当見直しは今から検討を 東京都社労士会

 東京都社会保険労務士会(大野実会長)は、大企業で来年4月、中小企業で再来年4月からスタートする同一労働同一賃金に関するセミナーを開催した=写真。社会保険労務士山口事務所の山口寛志特定社労士が講師を務めている。  山口特定社労士は、「手当の見直しは今から対応を考えるべき」と強調した。手当など待遇面で正社員との間に相違がある場合は、なぜ差を……[続きを読む]

2019.03.18 【労働新聞】
中小企業支援の連携協定を締結 徳島県社労士会

 公益財団法人とくしま産業振興機構(熊谷幸三理事長)と徳島県社会保険労務士会(米澤和美会長)は、中小企業支援に関する業務協力の協定を締結した(写真)。  「徳島県よろず支援拠点」の業務で互いに協力する。同拠点に寄せられた相談が労務問題だった場合には同社労士会につなぐなど、支援が必要な企業の紹介を図る。合同相談会、共同セミナーの開催も予定し……[続きを読む]

2019.02.08 【労働新聞】
「感謝」テーマの祭りを開催 大分県社労士会

 大分県社会保険労務士会(間部勝幸会長)は、このほどJR大分駅前広場で「社労士まつり」を開催した(写真)。社労士制度創設50周年記念行事の一環。同会5支部が地域物産であるからあげやごま出汁うどんなどを販売、七島藺の加工実演を行ったほか、会員の顧問先も大分名物などを販売した。  子供太鼓、フラダンスなど会員やその家族による出し物も多数あり、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ