string(52) "/news/news_tag/%E7%A4%BE%E5%8A%B4%E5%A3%AB%E4%BC%9A/"
string(8) "news_tag"

『社労士会』の労働関連ニュース

2018.07.12【労働新聞】
大規模災害時の協定を締結 福島県社労士会 NEW

 福島県社会保険労務士会(宍戸宏行会長)と福島県社会福祉協議会(瀬谷俊雄会長)はこのほど、地震、水害、原子力災害などの大規模災害発生時に、社会保険労務士を相談員として派遣することを内容とした協定を締結した(写真)。 相談員は同県社協の依頼に応じて派遣する。派遣された社労士は、同県社協と社会福祉施設が適切な労務管理を行い、利用者の生活基盤を……[続きを読む]

2018.07.05【労働新聞】
研究活動が活発化 LGBTの支援めざし 社労士グループ

 セクシュアル・マイノリティを支援する社会保険労務士の活動が活発化し始めている。東京都社会保険労務士会の自主研究グループの1つ「ダイバーシティ経営研究会」のメンバーが中心となって立ち上げた「SR LGBT&Allies」(代表=社会保険労務士法人クリエイト・近藤英明代表社員)がそれで、就業規則を作成して労務トラブルのリスクを回避するだけに……[続きを読む]

2018.06.29【労働新聞】
50周年祝う式典を開催 香川県社労士会

 香川県社会保険労務士会(植田博司会長)は6月18日、社労士制度創設50周年を記念した式典を全国に先駆け開催した。 式典には全国社会保険労務士会連合会の大西健造会長が出席し、記念講演を行う予定だったが、同日朝に、大阪府北部を中心に発生した地震の影響により欠席。同県社労士会の大谷義雄最高顧問が急遽ピンチヒッターとして登壇し、「なぜ今?『働き……[続きを読む]

2018.06.01【労働新聞】
働き方改革へ共同宣言調印 愛知社労士会

 愛知労働局(高﨑真一局長)と愛知県社会保険労務士会(大滝春義会長)は、働き方改革の推進に向けた共同宣言に調印した=写真。 同宣言では、時間外労働の削減と休暇の取得促進、労働生産性向上などをめざし、企業に対し社労士の専門性とネットワークを活かした情報提供を行うとした。中小企業向けに、新たに開設した「愛知県働き方改革推進支援センター」の活用……[続きを読む]

2018.05.15【労働新聞】
働き方改革で相談拠点設置 社労士会

 全国社会保険労務士会連合会は、厚生労働省の委託事業として、18県の社会保険労務士会において「働き方改革推進支援センター」を設置したと発表した。 各センターでは、主に中小企業・小規模事業者を対象に、非正規労働者の処遇改善や、時間外労働の上限規制に対応するための弾力的な労働時間制度の構築と生産性向上による賃金引上げに向けた支援、人材不足対応……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ