社労士が緊急時に相談対応 新潟県・連携協定

2021.02.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 新潟県は、コロナ禍で変化した新しい働き方への環境づくりを進めるため、同県社会保険労務士会(水戸伸朗会長)と包括連携協定を締結した(写真)。連携項目として、多様な働き方の推進、災害時における労働相談業務の実施などを掲げた。具体的な取組みとして、毎年4月に社労士による労務相談会の開催を依頼するなどを検討している。

 緊急事態宣言や大規模災害が発生した際には、同社労士会が別途相談窓口を設けて対応に当たる。労働問題のほか、助成金申請などについての相談も受け付けることとした。

 併せて、社労士が持つ企業とのつながりの多さを活かし、働きやすい環境づくりと同県施策の周知を求めるとしている。

令和3年2月15日第3293号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ