労働関連ニュース

2016.01.29 【安全スタッフ】
五輪工事で好事例をモデル化 新規入職者向けに安全セミナーも 厚労省 安衛対策協議会開催へ

 厚生労働省は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の大会施設工事の労働災害防止を徹底するため、関係省庁や発注機関、建設業団体など合計14団体で構成する「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会 大会施設工事安全衛生対策協議会」を立ち上げた。日本の建設工事の〝顔〟となる大規模工事であることを踏まえ、先進的な安全衛生……[続きを読む]

2016.01.29 【労働新聞】
「ライドシェア」合法化阻止へ ハイタク労使 3月8日に決起集会 東京都内

 白タク合法化を狙う「ライドシェア」が、「特区」で解禁されそうな状況の下、ハイヤー・タクシー関連8産別と事業者団体が3月8日、2000人規模の決起集会を東京都内で合同開催する。スマホのアプリで事業免許を持たないドライバーと乗客のマッチングを図る日本では非合法のビジネスだが、特区での解禁が間近と目され、とりわけ利用者の安全面でリスクが大きい……[続きを読む]

2016.01.28 【労働新聞】
航空機整備士などの人材確保へ新サイト

 航空会社や航空機パイロット・整備士・製造技術者の民間養成機関および関係省庁などで構成する「航空機操縦士養成連絡協議会」と「航空機整備士・製造技術者養成連絡協議会」は合同で、若年層を航空業界に呼び込むために仕事の魅力を発信するウェブサイ「skyworks」(http : //www.skyworks.info)を開設した。航空機整備士など……[続きを読む]

2016.01.28 【労働新聞】
共同で採用・研修へ、中小事業所16社が参集 横浜みなと介護福祉事業協同組合

 横浜市内の中小規模の介護事業所16社とNPO法人などの団体は、横浜みなと介護福祉事業協同組合(理事長・日高淳㈲ステップコーポレーション代表取締役社長)を結成した。介護事業所による純粋な事業組合は同市では初めて。経営基盤の強化やサービスの質の向上を図っていくほか、共同で採用活動や研修を行っていくとしている。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ