6割超で改善告示違反 自動車使う事業を監督 厚労省

2016.01.25 【安全スタッフ】

 厚生労働省は、トラック、バス、タクシーなどの自動車運転者を使用する事業場に対する平成26年の監督指導、司法処分の状況を公表した。監督指導を行った3907事業場のうち82.9%に当たる3240事業場で労働基準関係法令違反が発覚し、改善基準告示違反が60.7%に当たる2373事業場でみつかるなど、いずれの違反率もここ数年高止まりの状態になっていることが分かっている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年2月1日第2251号

あわせて読みたい

ページトップ