男性の育休が課題 くるみん企業座談会で 埼玉労働局

2016.01.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 埼玉労働局(田畑一雄局長)は、今年度にくるみんを取得した県内企業を集め、認定書の交付式と座談会を開いた。くるみん取得への苦労などを話し合っている=写真

 交付を受けたのは、㈱エスプリライン、㈱システムインテグレータ、㈱武蔵野銀行など6社。

 このうち、外国語教材製作業のエスプリラインは、育児休業が当たり前の職場であるとしつつも、保育園に入れず復帰が遅れるケースもあると悩みを述べている。ソフトウェア開発業のシステムインテグレータは、「男性にもっと育休を取ってほしい」と今後の課題を話した。

平成28年1月25日第3050号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ