建設業で女性採用が積極化 全国建設業協会調査

2016.01.25 【労働新聞】

 一般社団法人全国建設業協会(近藤晴貞会長)が実施した「女性職員の在職および採用状況調査」で、建設業の新規採用者に占める女性の割合が上昇していることが分かった。とくに、技術職や技能職の採用が大きく伸びている。調査は昨年9〜10月、47都道府県の建設業協会会員企業約2万社を対象に実施し、8459社から回答を得た。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年1月25日第3051号2面

あわせて読みたい

ページトップ