有給休暇取得が改善 「4日以下」が大幅減に 全国建設業協会調査

2016.10.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業で年次有給休暇の取得状況が改善していることが、全国建設業協会(近藤晴貞会長)が実施したアンケート調査で分かった。年間取得日数4日以下の企業割合が大きく減少し、10日以上の企業が増えている。

 調査は、同協会傘下の45都道府県協会を通じて1410社を対象に実施し、1170社から有効回答を得た。休日・休暇や賃金の改善などについて今年8月1日時点の状況を調べた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成28年10月24日第3085号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ