ドラグ・ショベル 指揮者定めず送検に 動画サイトでは“技”扱い 高松労基署

2021.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

荷台から直降りで死亡

 香川・高松労働基準監督署(石川修一郎署長)は、ダンプトラックの荷台から乗車したままドラグ・ショベルを降ろそうとした労働者が、横転したショベルの下敷きとなって死亡した災害に関し、作業指揮者を定めていなかった土木工事業者を高松地検に書類送検した。地上に降ろしたバケットを支点にして荷台から直接降りようとしたもので、同様の方法はインターネット上の動画サイトにも多数上がっている現状にある。同種災害の発生を懸念する香川労働局は、注意喚起を図るためのリーフレットを作成して業界団体へ配布するなど、指導を進めている。…

【令和3年8月24日送検】

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年9月20日第3321号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。