CCUS普及策 3000万円超から加算対象に 入札で登録業者優遇 長野県

2021.08.17 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

参加資格の延長も検討

 長野県は、技能労働者の処遇履歴や保有資格を業界内で統一し、処遇改善をめざす「建設キャリアアップシステム(CCUS)」の登録を促すため、9月から建設工事の総合評価落札方式において加点対象とする工事の範囲を拡大する。現在の予定価格8000万円以上を3000万円以上まで引き下げ、入札時に活用を誓約した事業者を優遇する。来年度からは入札参加資格付与期間を2年から3年に延長するのに伴って、資格申請時に事業者登録の有無や、技能者登録している労働者の割合に応じて加点する方式の採用も検討しており、さらなる普及拡大をめざしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月23日第3317号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ