「ライドシェア」合法化阻止へ ハイタク労使 3月8日に決起集会 東京都内

2016.01.29 【労働新聞】

 白タク合法化を狙う「ライドシェア」が、「特区」で解禁されそうな状況の下、ハイヤー・タクシー関連8産別と事業者団体が3月8日、2000人規模の決起集会を東京都内で合同開催する。スマホのアプリで事業免許を持たないドライバーと乗客のマッチングを図る日本では非合法のビジネスだが、特区での解禁が間近と目され、とりわけ利用者の安全面でリスクが大きいことを世論に訴える。運動路線の垣根を超え業界労使一丸で取り組むため、組合旗も掲げず、当日のたすきやはちまきも統一する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年1月25日第3051号6面

あわせて読みたい

ページトップ