優良派遣事業者認定制度 教育訓練の基準強化 人材サービス産業協議会

2016.01.25 【労働新聞】

 一般社団法人人材サービス産業協議会(中村恒一理事長)は1月18日、キャリア形成支援に関する審査基準を従来よりも厳格化した「平成27年度優良派遣事業者認定制度」の申請受付けを開始した。派遣事業者にキャリア形成支援を義務付けた改正労働者派遣法の施行後初めての実施になるもので、法定の有給・無償による年間8時間以上の教育訓練のほか、派遣労働者が実費以下の負担で受講できる研修の機会を用意することをチェック項目に追加した。さらに、派遣先などにおける正社員化の実績を新たに求めた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成28年1月25日第3050号2面

あわせて読みたい

ページトップ