教育訓練など強化 就職氷河期世代対象に 厚労省・活躍支援プラン

2019.06.14 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、2040年を展望した社会保障・働き方改革本部を開き、30歳代半ばから40歳代半ばの「就職氷河期世代」を対象とした活躍支援プランを示した。都道府県労働局や都道府県、経済団体などを構成メンバーとする都道府県レベルの支援機関を整備し、就職を後押しする。不本意ながら非正規雇用で働く…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月17日第3213号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ