求人開拓の強化へ 氷河期世代支援で計画 厚労省

2022.01.31 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省はこのほど、「就職氷河期世代支援に関する行動計画2021」を決定し、集中的な取組み期間である今後3年間にわたり安定的に予算を確保し、各種支援策の実効性を最大限に高めていくとしている。

 新型コロナウイルス感染症の影響下で従来からオンラインを活用したイベント事業などを進めてきたが、対面とオンラインの双方による居場所づくりや相談対応を充実させることによって、支援に向けたより多様な選択肢を用意していく考え。

 また、就職氷河期世代をめぐる雇用情勢が厳しいことを踏まえ、専門窓口における求人開拓の強化を図っていく。

令和4年1月31日第3338号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。