氷河期世代を支援 助成金見直し予定 厚労省

2020.02.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、就職氷河期世代の就職支援を狙いとし、雇用保険関係助成金を一部見直す。特定求職者雇用開発助成金に「就職氷河期世代安定雇用実験コース」を創設するとともに、一般トライアルコース助成金の対象年齢を「55歳未満」に引き上げる。

 「就職氷河期世代安定雇用実験コース」は、特定求職者雇用開発助成金の「安定雇用実現コース」の名称を変更するもの。失業中の者のみならず、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月3日第3243号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ