適合認定対象が拡大 職業訓練の質向上へ 厚労省 

2019.05.27 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、民間教育訓練機関における職業訓練サービスの質の向上を図るため、平成30年度から実施している「職業訓練サービスガイドライン適合事業所認定事業」における認定事業所の範囲を拡大するとともに、「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」を改正した。

 認定対象は従来、公的職業訓練を実施する民間教育訓練機関に限定していたが、新たに、雇用保険法で規定する厚労大臣指定教育訓練の実施事業所を追加している。

 ガイドラインでは、教育訓練機関が行う内部監査の具体的な手順や是正措置などに関する事項を明記した。

令和元年5月27日第3210号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ