「二事業」資金底つく 雇用保険制度の収支状況 厚労省

2021.10.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省がまとめた雇用保険制度における失業給付関係収支状況によると、積立金残高が令和元年度から3年度にかけて10分の1以下に減少する見込みであることが分かった。雇用保険二事業の資金残高はゼロとなり底をついていて、借入れで対応している。

 失業給付関係積立金残高は、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年10月4日第3323号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。