求職者支援が拡大 訓練受講者3割増に 厚労省

2021.11.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省によると、雇用保険を受給できない求職者が月10万円の生活支援給付金を受給しながら無料の職業訓練を受講し再就職をめざす求職者支援制度の利用が拡大している。コロナ禍の特例措置では、シフトの減少により厳しい立場に置かれている労働者も適用対象に含めた。

 求職者支援訓練の受講者数は、令和3年4~8月までに約1万件に達し、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月8日第3328号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。