人材サービス産業協議会 優良派遣元認定制度を開始 キャリア形成など審査

2014.11.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

来年3月に認定証交付へ

 一般社団法人人材サービス産業協議会(中村恒一理事長)は、派遣労働者のキャリア形成支援や働きやすい労働環境の確保などの取組みが一定の水準を満たす派遣事業者を対象とした「優良派遣事業者認定制度」をスタートさせた。「派遣社員の処遇向上」や「キャリア形成に配慮した仕事の紹介」など計36項目の認定基準について現地審査を実施し、認定の可否を判断する。来年3月に認定証を交付する予定。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月17日第2993号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ