雇用維持施策を是正 人材サービス活用も指示 安倍総理

2013.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本経済再生本部本部長の安倍晋三内閣総理大臣は、最近の産業競争力会議の議論を踏まえた当面の雇用制度改革事項を示した。雇用支援施策を「行き過ぎた雇用維持型」から労働移動支援型へのシフトを具体化するなどとしている。

 安倍総理は、田村厚生労働大臣に当面の政策課題を指示。成熟産業から成長産業へ「失業なき円滑な労働移動」を図るため、雇用支援施策を行き過ぎた雇用維持型から労働移動支援型にシフトすべきとしている。

 ハローワーク改革として、有する情報を民間に開放したうえ、各種就業支援施策を民間に委託するなどにより、民間人材紹介サービスを最大限に活用する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年4月22日第2918号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ