尖った人材が必要と同友会 賃金アップへ

2021.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 平均賃金の上昇する経済・社会を今度こそ構築するには、尖った人材とイノベーションの創出が不可欠――経済同友会が新政権に向け提言したもので、幅広い観点からの「Inclusion&Diversity」が欠かせないと訴えた。国主導の伝統的な成長戦略では、これまで30年間、成長してこなかったと批判した。

 産業構造の転換に応じた多様な働き方や円滑な労働移動を促すための労働法制の見直しや、貧困の連鎖を防ぐためのリスキリングなど人への投資の充実も重要とした。守るべきは企業という器ではなく、人や技術などの無形資産だという。

令和3年11月22日第3330号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。