社内訓練で離職率減 6団体が活動報告 戸田みらい基金

2020.11.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 協力会社などが取り組む若手技術者の採用・育成活動を助成している戸田みらい基金(理事長=今井雅則・戸田建設㈱代表取締役社長)は、7回目を迎える活動報告会を開いた。助成を受けた計6団体が活動内容と成果を報告している。

 リモート参加した㈱岩野商会(長野県長野市)は、インターンシップや社内での技能訓練の取組みを通じ、新卒採用数が前年の5人から8人に増え、3年離職率が36%から22%へ下がった成果などを報告した(写真)。教育・研修ツールとして全社員にiPadを配布した平岩塗装㈱(東京都大田区)からは、現場での確認・報告業務、本社との定例会議などでも活用する様子が発表された。

令和2年11月9日第3280号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ