職人育成へ100万円 2年26団体・支援広がる 戸田みらい基金

2018.11.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業における職人や技能者の確保・育成に向けて戸田建設㈱が2年前に設立した、一般財団法人戸田みらい基金(今井雅則理事長)の活動が活発化している。独自の対策を行う企業などの団体を対象に、最大100万円を助成する取組み。今年10月までに26団体に支援を行った。

 助成対象は戸田建設の現場に入場していない団体も含む。「応募件数は回数を重ねるごとに増えている」(同基金事務局)。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年11月5日第3183号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ