離職率半減した訪問看護業大賞 能率協会・表彰

2021.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本能率協会(中村正己会長)は、社会価値を生み出す持続的な経営・組織・人づくりを行っている企業や団体の取組みを「KAIKA Awards 2020」として表彰した。大賞には、離職率半減に成功した訪問看護業のソフィアメディ㈱(東京都品川区)など3社を選んでいる。

 同社では、2時間単位での年次有給休暇取得制度の導入、再雇用制度の上限年齢の75歳への引上げ、月1回の従業員満足に関する調査実施――などに取り組む。訪問件数だけでは測れない負担感にも配慮し、「中重度患者に対するケア」や「緊急対応」などを評価に反映している。結果的に最近4年間で、従業員数が約800人へと倍増し、離職率は17%から8%に減少した。

令和3年2月8日第3292号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ