中小企業 管理職の能力向上 人事分野で課題調査 能率協会

2013.11.11 【労働新聞】

 日本能率協会は、「当面する企業経営課題に関する調査」結果をまとめた。大企業がグローバル経営を担う人材の育成・登用を重要課題に挙げる一方、中小企業は管理職層の能力向上を重視していることが分かった。今年8月に調査を行い、662社が回答した。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成25年11月11日第2944号2面

あわせて読みたい

ページトップ