安全確保へ十分な工期を 時間規制に4週8閉所有効

2020.09.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中建審 適正な基準作成し勧告

 国土交通省は、適正な工期による請負契約の締結を促し、働き方改革を促進するため、中央建設業審議会で工期に関する基準を作成し、その実施を勧告した。工期全般にわたって考慮すべき事項では、自然要因や休日・法定外労働時間、契約方式、関係者との調整、行政への申請、工期変更などを記載。労働・安全衛生面については、労働安全衛生法など関係法令を順守し、労働者の安全を確保するための十分な工期を設定することで、施工の安全性を確保することなどを明文化した。また、改正労働基準法の労働時間規制の適用をにらみ、価値観の転換を図るには4週8閉所の取組みが有効な手段の一つとしている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年9月15日第2362号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ