時間外年720時間試行へ 達成率悪化踏まえ前倒し 日建連 自主規制目標を改定

2022.04.26 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (一社)日本建設業連合会は、2024年4月から適用される罰則付き時間外労働時間規制に向けて、年840時間以内としていた現行の自主規制目標を改定し、2023年4月から改正法と同じ年720時間以内に前倒しする方針を明らかにした。会員企業を対象にした調査で、時間外労働の削減の取組みが思うように進んでおらず、年間720時間の達成率で悪化が認められるなどしたためという。具体的には、上限規制適用の前年度に当たる2023年度を試行期間と位置付け、改正法と同等の時間外労働が年720時間以内、時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満など4条件を目標にする。目標の達成状況のきめ細かなフォローアップも図る。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年5月1日第2401号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。