快適職場認定制度を創設 日建連 働き方改革に対応へ 冷暖房機器の設置が必須

2017.12.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 (一社)日本建設業連合会は、作業環境の改善に積極的に取り組んでいる建設作業所を評価する「快適職場認定制度」を創設した。外気温などの影響を緩和するのに必要な冷暖房機器を作業現場に設置していることが必須で、働き方改革における長時間労働の是正を行っていることなども審査基準となる。日建連が平成22年度に創設し継続的に実施してきた「快適職場表彰制度」を、一定基準を満たしたすべての作業所を認定する仕組みに発展させたもの。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月1日第2297号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ