過重勤務で指定取消 訪問介護に月367時間 兵庫県

2020.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 兵庫県・西播磨県民局龍野健康福祉事務所は、労働者に月367時間勤務させ、適正な勤務形態を採らずに運営基準などに違反したとして、訪問介護業の㈱あお(兵庫県揖保郡)を介護保険法第77条(指定の取消し等)などに基づき指定取消処分とした。同事務所では、長時間勤務によって運営基準を満たさず、介護事業の指定取消しに至るのは非常に珍しいとしている。

 同社は平成30年12月の1カ月間、労働者1人に対し、訪問先への移動時間を含めて367時間勤務させ、…

【令和2年4月10日取消し処分】

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年5月11日第3256号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ