送検なら契約解除も 労働条件確保へ要綱 兵庫県

2016.06.10 【労働新聞】
 兵庫県は、「県契約における適正な労働条件の確保に関する要綱」を制定し、平成28年6月から運用を開始した。要綱のかたちで労働条件確保を定めた自治体はめずらしい。対象は同県が締結する全ての契約で、その業務に携わる労働者の適切な労働条件の確保、とりわけ最低賃金以上の賃金支払いを徹底させることを目的とする。…
この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成28年6月6日第3067号3面

あわせて読みたい

ページトップ