労務費見積りを重視 賃金改善へモデル工事 関東地方整備局

2020.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 関東地方整備局(石原康弘局長)は、賃金改善を目的に、全国初の「労務費見積り尊重宣言」拡大に向けたモデル工事を試行する。総合評価方式や工事成績評点において加点し、同宣言の実行を促す。

 工事発注時には、入札・契約参加企業が①ホームページ上などで同宣言を決定・公表した事実、②見積書に労務費を内訳明示することを記した誓約書――の2つを同整備局が確認。いずれも満たしている場合、総合評価方式の技術評価に加点する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年2月10日第3244号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ