NCCUセントケアグループ分会 不当行為繰り返す会社へ指導を UI会長と大臣要請

2012.02.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

厚労省本省の判断待ち

 UIゼンセン同盟・日本介護クラフトユニオン(NCCU・二宮利夫会長)の分会がある複数の介護事業所で、一方的な協約破棄や違法な36協定の締結など、オーナー経営者による不当な行為が繰り返されている実態が分かった。コムスンの事業を承継したセントケア・ホールディング(村上美晴代表取締役会長兼社長)傘下の8事業子会社が舞台で、組合活動を妨げないとした事業承継時の誓約が完全に反故にされた格好。1月31日には小宮山厚労相に指導を要請、厚生労働省本省の判断が待たれている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年2月20日第2861号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ