2割が納期ひっ迫 時間外・休日労働協定の「特別の事情」を調査 厚労省

2016.11.02 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「納期のひっ迫」が21%と最多に。厚生労働省は、平成28年3月1~2日に、全国の労働基準監督署に届け出られた1カ月当たり45時間を超える時間外労働が可能な時間外・休日労働協定(36協定)を対象に、「特別の事情」の記載内容を調査した。

 「納期のひっ迫」に次いで多いのが、「一般顧客の集中による繁忙」の12%、「予算・決算・経理業務」の9%となっている。1カ月の特別延長時間の長さは、80時間超とする割合が17%、100時間超も8%あった。
1年の特別延長時間をみると、600時間超が58%、1000時間超が1%に。平均の特別延長時間は「建設業」713時間、「通信業」711時間。

平成28年10月31日第3086号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ