関係者全員で火災の防止を 東京労働局講習会

2019.11.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(土田浩史局長)はこのほど、都内の建設事業者を集め、火災による労働災害防止講習会を開催した。来年2月までを対象とする火災災害防止取組み強化期間の一環で実施したもの。直近の災害事例を紹介するとともに、元請・下請双方が実施すべき対策などを解説した。

 あいさつで中村克美同労働局労働基準部長は、「労働災害を防止するためには、基本的な安全対策の徹底が必要不可欠」と指摘したうえで、店社、現場、働く人が一体となって火災防止対策に取り組むよう求めた=写真。「店社が火災災害防止対策を作成していたとしても、関係請負人を含めたすべての人が対策を理解し、現場で運用していかなければまったく意味はない」と強調している。

令和元年11月18日第3233号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ