過重労働防止へ会議 地元有力企業など参加 栃木労基署

2012.12.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 栃木労働基準監督署(小林茂署長)は、過重労働による健康障害防止を後押しするため、地元の有力企業などに呼びかけて「労働時間見直し労使ネットワーク会議」を立ち上げた。各社の労使が労働時間の設定などについて自由に意見交換できる場を設け、課題を解決するとともに好事例の共有化をめざす。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年12月24日第2902号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ